Category鯖管

iptablesの使い方メモ

iptablesの設定メモです。良く忘れるので。ほかの人に役に立つかは知らない。

ルール確認

sudo iptables -nvL

n -> サービスでなくポート番号で表示
v -> パケット数を表示

 

ルール1つ削除

sudo iptables -L --line-number
sudo iptables -D INPUT [number]

 

ルール追加(許可)

sudo iptables -A INPUT -p tcp --dport [portNo] -j ACCEPT

 

 

 

今日のうるう秒を受けて (後談)

こんにちは、ぐりです。1日に記事を2本投稿することなんてほとんどないですがとりあえず書きます。

さて、今朝はうるう秒とか言うイベントで1日が1秒伸びましたね。うるう秒がどんなものかとか、なんであるのかとかは、前回の記事やWikipediaなどを参照してください。(前回の記事には大したこと書いてないですが…)

JST Clockにおけるうるう秒の表示

うるう秒といえば、毎回お馴染み(?)の8:59:60の表示ですが、普通にこの時間は授業なので、iPhoneで情報通信研究機構のJST Clockのスクショを撮ってきました。

UTCの表示で2015/6/30 23:59:60って見られますね。他にはTwitterによると近所では武蔵小金井駅の時計で見られたらしいです。見てみたいなら調べてみてください。

ところで、サーバの方はどうだったかというと、無事でした。まあ、このブログに投稿できているのだから当然ですね。一応、ネットで事前に下調べをしてntpdをストップさせておきましたが、そのおかげなのでしょうかね。なお、うるう秒ごにntpdをまた起動させましたが、特に異常はなかったです。時刻が正しいかどうかは確認してませんが…

とりあえず、今回は何もなかったので良かったです。あー、自分のサーバの管理は大変だなぁ。

次に投稿するのはいつでしょう。昨日の新幹線の史上初の車両火災について書きましょうかね…

WordPressのURLを変更しました

お久しぶりです。ぐりです。

今更、思ったのですが、http://b.gurigoro.net/という、URL、ちょっと分かりにくいな、と思ってしまったので、http://blog.gurigoro.net/に変更しました。変更前のbっていうのは。blogの頭文字ということなんですが、まあ、分かりにくかったんじゃないですか?

というわけで、変更するにあたって、いくつかのポイントで引っかかったので、それについて、メモ書きということで残しておきます。

まず、DNSサーバのレコードを更新して、blog.gurigoro.netに元のURLと同じレコードを設定しました。具体的には、v2.gurigoro.netというURLに、CNAMEで転送させてます。そうすると、http://b.gurigoro.net/、http://blog.gurigoro.netの両方のアドレスでアクセスできるようになります。ただ、そうすると、Google等の検索エンジンのクローラーから見ると、http://blog.gurigoro.netのほうは、あたかも、http://b.gurigoro.netのクローンであるように見えてしまい、SEO上非常に不利です。さらに、新アドレスがなかなか利用されないようになってしまいます。なので、http;//b.gurigoro.netにアクセスした場合、301リダイレクトで、http://blog.gurigoro.netに転送するように、.htaccessで設定しました。

これについては、ちょまど氏(@chomado)のブログの、[.htaccess][canonical] ドメイン取得後のリダイレクトなどを参考にしました。

ですが、うまくいきませんでした。調べてみたら、apacheサーバで.htaccessが読みこまれてなかったようです。というわけで、httpd.confに.htaccessを有効化する設定を書き加えました。

<Directory "Wordpressのパス">
AllowOverride All
</Directory>

AllowOverride Allで.htaccessによる設定のオーバーライドを許可します。この後、

# httpd -t
Syntax OK
# service httpd reload
Reloading httpd:

これで、http://b.gurigoro.netへのアクセスはhttp://blog.gurigoro.netにリダイレクトされるようになりました。

が、

WordPressのログインができなくなりました。

そこで、phpmyadminでWordpressのデータベースのoptionsテーブルのsiteurlのレコードのurlを書き換えました。一応これで、無事に移転できました。

ポイントは以下の3つ

  • ドメインのレコードを変更すること
  • .htaccessで301リダイレクトをすること
  • WordPressのデータベース内のURLを書き換えること

以上、WordpressのURLの変更についてでした。